6月に多くの方に見て頂いたお花をご紹介致します。

6月に多くの方に見て頂いたお花をご紹介致します。

2019年06月30日

こんばんは!スタッフのアスカです。
梅雨入り宣言もされた今日このごろ、室内から眺める分には、雨は綺麗だなあと窓の外を眺めております。

さてさて、今月も6月中ツイートしたお花の中から、特にたくさんの方に見て頂いたお花を、5つご紹介させて頂きます。ちょっぴり6月の終わりには早いですが、もうこんな時期ですね…!

日頃、SakaseruのTwitter(@sakaseru_jp)にて、皆さまから許可を得たものをご紹介させて頂き、誠にありがとうございます。
(よろしければSakaseruTwitter、フォローして頂けたら嬉しいです…!)



SakaseruTwitter
沢山見られたランキング![6月]



Twitterのツイートが、「何回タイムラインで表示されたか」を示す、インプレッション数。
その数が多いほど、多くの方に見て頂けたということになります。
その数を指標に、ランキングさせて頂きました。

※ランキングと銘打っておりますが、全てのお花に優劣はございません。



5位




こちらのお花のご紹介ページ



今回は珍しいタイプの事例が第5位に入りました。
こちらはご自宅用にご依頼頂いた、プリザーブドフラワーのボックスアレンジです!

こちらのテーマは「写真家・蜷川実花さまのお写真の雰囲気」。
まさにそれに相応しい、ビビッドで妖艶なアレンジです…!

インパクト十分のコンセプトがフォロワーさんに響いたのか、今月の第5位となりました!
インプレッション数は3,169



担当フラワーデザイナー:加納佐和子


第4位




こちらのお花のご紹介ページ



素敵なオリジナルパネルのデザインと、そちらにぴっり合った可憐な小花が印象的なこちらのお花は、舞台 [ぼくのタネ2019] 杉江大志さま宛です!

ご依頼主さまはリピーターのお客さま。毎回、このような素敵な立て札をご用意頂いています…!!
ご公演の期間が1週間と長いため、ずっと綺麗なままでいられるよう、造花とみずみずしいグリーンを交えてのお作りです。
小花のそれぞれの位置までこだわって、今月の第4位です。

インプレッション数は4,222です!



担当フラワーデザイナー:YuuriHorino


第3位




こちらのお花のご紹介ページ



第3位は、6つで一つ!!キュート&インパクト大のこちらのお花です!!

握手会に、6名のアイドルさまへお届けさせて頂きました。
お客さまの推しメンさまは中央の、青と白のお花の方。推しであることがわかるよう、そっとリボンが沿えられています。

こちらはお客さまから「こういうお花はできないか」とご相談頂いた末に実現したお花です。

フラワーデザイナーとともにお客さまが作り上げたお花が今月第3位です!
インプレッション数は​4,355​!



担当フラワーデザイナー:宮崎恵美子


第2位




こちらのお花のご紹介ページ



美しいオリジナルパネルが印象的なこちらのスタンド花は、[Caribbean Groove] 櫻井圭登様 北川尚弥様宛のお花です。
お二人の演ずるお役柄のカラーはそれぞれ、ミント系のグリーンとバニライエロー。ふんわりとした色合いで、そちらをフラワーデザイナーYuuriHorinoが表現致しました…!
お二人のひらりと優雅なお衣装を思わせる、多弁のバラやトルコキキョウが美しいお作りです。

優しく上品なお花が今月第2位となりました!インプレッションは5,091



担当フラワーデザイナー:YuuriHorino

※こちらTwitterでご紹介させて頂いた際、お色の表記を間違えてしまっておりました。ご依頼下さったお客さま、このメルマガを読んで下さっているファンの皆様、大変申し訳ございませんでした…!



第1位




こちらのお花のご紹介ページ



[SANKYO presents MACROSS CROSSOVER LIVE 2019]、ワルキューレの皆様へ当てたプリザーブドフラワーです!!もう、全部が可愛い!!
イラストは複数の方々がご担当をされた想いの詰まったお花です。お客さまご自身でのつぶやきにも、100を超えるいいねとRTが集まっていました。

イラストがあるお陰か、同じバラ2輪が添えられていても、まったく印象が変わって見えます。
Twitterのご紹介の際も「5人まとめて抱きしめたい」とお伝えしましたが、今もその気持は変わりません!!スタッフのハートを鷲掴みにしたお花が今月の1位となりました!

インプレッション数は5,931です!



担当フラワーデザイナー:宮崎恵美子


スタッフのピックアップ!




こちらのお花のご紹介ページ



今月のスタッフ注目のピックアップ作品は、音楽朗読劇[THE GREAT GATSBY]ご出演、南早紀さま宛のスタンド花です!

使っているお花はアルストロメリアのみ。ご公演の「1920年代アメリカ」という舞台設定や映画のワンシーンをイメージし、上品なニュアンスカラーでおまとめしています。
こちらの画像、お客様が撮影された会場でのお写真なのですが、まるで誂えたようなぴったりの雰囲気…!!

ご相談の段階でスタッフもイメージ画像などを拝見していたので、「こんな風に作られたんだ…!!」と感動を覚え、今回ピックアップさせて頂きました!

担当フラワーデザイナー:宮崎恵美子



このメルマガで紹介しきれなかった皆さまの素敵なお花も、Twitterやホームページで沢山のファンの方にお届け出来ております。
気になった方は是非、SakaseruのTwitterから、事例一覧から、他のお花も見てみて下さいませ!

オーダー頂きました皆さま、掲載を許可して下さる皆さまには、本当に感謝しております!これからもお花のお届けから、掲載まで、心を込めてお承り致しますので、引き続き、Sakaseruをよろしくお願い致します。

SNSでシェア

このコラムを書いたスタッフのおすすめ

関連するコラムを読む