オンラインお話会/ミート&グリートへのお花のご依頼が増えています!

オンラインお話会/ミート&グリートへのお花のご依頼が増えています!

2020年11月16日

こんにちは!Sakaseruスタッフのアスカです。
本日はアイドル様の握手会に代わって開催されている、[オンラインお話会][オンライン ミート&グリート(個別トーク会)]通称ミーグリについてお話させて頂きます。



新型コロナウイルスが流行するまで、毎月のように開催されていた握手会へ、Sakaseruには沢山のお花のご依頼がありました。

「お誕生日祝いに」「雑誌の表紙を飾った記念に」「選抜入をお祝いして」など、明確なお祝いが決まっていることもあれば、「お花を贈ると喜んでくれるから」と握手会のたびご依頼くださるお客様も。オーダーを通じ、そのお気持ちを聞かせて頂くたびに、「大切なお気持ちをお届けさせて頂いているんだ」とSakaseruスタッフはとても嬉しく思っていました。

しかしながら、現状、握手会は再開の目処が立っていません。
そこで、握手会に代わって開催されているのが、[オンラインお話会]あるいは[オンライン ミート&グリート(個別トーク会)]、通称ミーグリと呼ばれる、オンラインでのアイドル様とのお話の場です。

こちらが徐々に盛り上がるにつれ、実はお花のご依頼も増えてきました。
ミーグリはお客様のご自宅などで行いますので、お花のお届け先はご自宅であることがほとんど。しかもミーグリの後もお花を楽しんで頂くことができます。

そんなお花にとっても嬉しい、新しい"アイドル様へのお花"のかたち。今回はそちらのご紹介をさせて下さいませ。



握手会の"祝花"とミーグリで依頼するお花
何が違う?



1.アレンジ花・花束に限られます!



実際にミーグリの際ご注文頂いたお花



握手会の場合、沢山の人が入れる大きな会場が選ばれます。都内周辺なら、東京ビッグサイトや幕張メッセが代表的ですね。
お花を飾るスペースもあるので、脚がついた背の高いスタンド花(フラスタ)が沢山贈られてきました。でも、ご自宅にお届けする以上、スタンド花はお届けできません。(不可能ではないですが、広いお部屋か広い敷地が必要です)

つまり、ご注文は卓上サイズのアレンジ花か、手に持てる花束に限られてきます。
でも、一つ一つがオーダーメイドでお作りするSakaseruなら、アレンジ花だってこんな特別なデザインも可能です。





もちろん普通のアレンジ花や花束もとっても可愛く、喜んでもらえるはず。ぜひ、お客様にとっての理想のお花をご依頼ください!





2.小さめでも大丈夫!



机の上のアレンジ花でも、握手会会場のお花は両手で抱えるような大きなものが沢山ありました。多くの方は自分のお花を見て欲しい、他の方のお花に埋もれないようにしたい、というお気持ちがあるためです。

でもご自宅にお届けし、カメラ越しにお見せするミーグリのお花は小さめでもまったく問題ありません。傾けても大丈夫なように直前のお水あげは控えめに、アイドル様によく見えるよう、カメラに近づけてあげて下さい。
その時どんな気持ちを込めたのか、お花でどう表現してもらったのか、など簡単に伝えてみると、より、喜んで頂けるかもしれません。



3.ミーグリの後はご自宅で楽しめます!



花屋さんが会場に配送手配をする・あるいは直接届ける握手会の場合、お客様はご自身で頼んだお花をじっくり見ることができません。
でもご自宅なら、どれだけしっかり作り込んであるのか、お花がどんな風に咲いて散っていくのか、ご自身の目で確かめることができます。

お花を愛でることで、アイドル様への愛も一層強まること間違いありません。(Sakaseruスタッフは自分の推しキャライメージのお花を愛でることで一層愛が強まりましたので…

ぜひ、「夏場は1日1回」「秋〜冬は2、3日に1回」お水をあげて、可愛がってあげて下さい。ポイントはお花を刺している緑のスポンジ、オアシスの表面がちょっとだけ白っぽくなったら。完全に乾いてしまう前に、お水をあげてくださいね。



4.アイドル様はどっちのお花も喜んで下さいます!



握手会の”祝花”とミーグリのお花の「違い」をお伝えしましたが、共通点はやはり、「推しのアイドル様が喜んでくれること」。
Sakaseruでは既に、いくつもミーグリのお花をお届けしていますが、お客様からは「推しが喜んでくれた!」というお声を頂戴しています。

握手会で直接お顔を見ながら喜んでもらう。
ミーグリでカメラ越しにお顔を見ながら喜んでもらう。

状況に違いはありますが、アイドル様が笑顔で喜んでくれたら、きっとお花の役目は十分なのです。



ミーグリのお花についてご紹介させて頂きました!いかがでしたでしょうか。

私も一度だけ乃木坂46様の握手会に参加させて頂いたことがあるのですが、会場の熱気や握手を待っているときのわくわくドキドキ感、いざ握手した時のテンパりなど、あそこでしか味わえない感覚が沢山あります。仕方のないことではありますが、全面的に中止になってしまっていることは、非常に残念です。
今月(2020年11月)初めにはワクチンに関する希望の持てるニュースも出てきました。また以前のように開催される日がくることを信じて…!!

SNSでシェア

関連するコラムを読む