季節のお花 Sakaseruからお届けした春のお花をご紹介します。

季節のお花 Sakaseruからお届けした春のお花をご紹介します。

2019年02月22日

こんばんは!スタッフのアスカです。

既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、先日よりメールマガジンの配信を、私からだけでなく、オビや小柴からもお送りさせて頂いています。

これまで見て下さった方も、今回のメルマガが初めてという方も、私、アスカとまた違った二人のメルマガをお読み頂けたら嬉しいです!

さて本日は、季節のお花を用いたアレンジをご紹介です。

人気の花は年間通してご用意できることもありますが、やはり見頃はその季節。本日はずばり[春のお花]です。同じお花を使っていても、表情の違う花たちをご紹介させて頂きます。



春、といえば
馴染み深い[チューリップ]





小学生の頃、鉢で育てたご経験も多いのではないでしょうか? 春を代表する花の一つである、チューリップを使用したアレンジ花です。フラワーデザイナー柴がご用意させて頂きました。
使用しているのはオレンジや淡いピンク、黄色といった、明るく華やかなお色味のチューリップ。花びらが折り重なり、まあるいフォルムを描くチューリップの可愛らしさが、よくわかります。
アレンジそのものも、幸せをぎゅっとボックスにおまとめしたような、暖かな雰囲気のお花です。

チューリップのボックスフラワー ご紹介ページ





こちらはチューリップの背丈を活かした、フラワーデザイナー加納が担当させて頂いたアレンジです。
使用しているのは黄色のチューリップ。贈り先さまである声優さまが演じるキャラクターに合わせて、黄色で統一させて頂きました。
上に上にと伸びるチューリップが、インパクト十分です。ちなみに淡い黄色の小花はストックというお花で、こちらも春のお花。バラとチューリップをメインにして、春らしい仕上がりです。

背の高いチューリップのアレンジ ご紹介ページ



春のきらめき[ミモザ]





小さく、ちらちらと丸い黄色のお花は、「ミモザ」。正式にはアカシアの花というそうです(アカシアの花の一部がミモザと呼ばれているそうです)。

その可愛らしさは非常に特徴的です。蘭とダリアをメインに作られた、上品なこちらのお花も、ミモザを加えるだけでとたんに柔らかい印象、可愛らしさがプラスされます。

その仕上がりは派手すぎず、落ち着きすぎず。絶妙な色合いは、フラワーデザイナー小林の特徴です。

上品かつ可愛らしいアレンジ ご紹介ページ





こちらは普段、落ち着いた作風の目立つ、フラワーデザイナーOhataのご用意です。淡いバラを交えながらの明るいお色味と、ミモザの相性はばっちり。動きのあるミモザのおまとめは光がまたたくようで、見るだけで暖かい気持ちになります。

2色のリボンも大変かわいらしいアレンジを、可愛らしい声優さまへお届けさせて頂きました。

春のお花満載の可愛いアレンジ ご紹介ページ



香り立つ春[スイートピー]





スイートピーの特徴は、可愛らしい見た目もさることながら、なんと言ってもその甘い香り。英名も和名も、香りにちなんだ名前が付けられています。(和名はジャコウエンドウ(麝香豌豆)やカオリエンドウ(香豌豆)などがあるそうです)

こちらのお花は"赤"がカラーのキャラクターさまのお誕生日に贈られました。バラの赤と、キャラクターさまのお名前がビビッドな分、ひらひらとしたピンクのスイートピーが目立ちます。

その甘く優しい香りでも、お祝いのお気持ちを表現させて頂きました

赤がカラーのキャラクターさま誕生日祝いのお花 ご紹介ページ





スイートピーの優雅な曲線が美しいアレンジです。他の花の間や、周りを囲うように配置されたスイートピーが、メインのバラを引き立てるように咲いています。

春のお花としては、チューリップも入っていますね。お写真ではまだ蕾の状態ですが、開いていけば一層明るい、華々しい印象を与えたのではないでしょうか。

淡いお色味が美しい、フラワーデザイナー宮崎によるアレンジです。

スイートピーの曲線が美しいアレンジ ご紹介ページ



春のお花のご紹介、いかがでしたでしょうか!

スタッフは様々な発見がありとても楽しかったです…!!皆さまにお伝えする中で、よりお花に詳しくなる。良いことづくめですね!

使われているお花について、少しでも知っていると、一層お花贈りが楽しめるのではないでしょうか。

今回は比較的有名なお花をご紹介しましたので、知っている方も多かったかもしれません。また少しマイナーなお花も混じえながら、ご紹介させて頂きたいと思っています。


ここまでお読み頂き、ありがとうございます。
引き続きSakaseruをどうぞよろしくお願いいたします。

SNSでシェア

このコラムを書いたスタッフのおすすめ

関連するコラムを読む