大切なお取引様、ご友人様、ご家族に贈る開店祝いのドライフラワー。
ドライフラワーは店内に飾るだけで、空間が一気にオシャレになるアイテムです。一方で開店祝いのお花としてドライフラワーを贈ることが、マナーとして問題ないか。相場や実際の商品など気になりますよね。
こちらのコラムでは、開店祝い花としてのドライフラワーのマナーから、スワッグなど最近人気の商品までご紹介をさせて頂きます。

開店祝いのお花について、ドライフラワーに限らず全種類のお花についてやマナーを知りたいという方は次のコラムをご覧ください。



【まとめ】はじめての開店祝い花の贈り方
開店祝いのフラワーギフトの相場や、胡蝶蘭やアレンジメントやスタンド花などの種類、立て札の書き方など、開店祝い花の贈り方をご紹介します。
詳しく見る



目次



開店祝いに人気のドライフラワー



新規開店のお祝いに人気のドライフラワー。Sakaseruでこれまでにお届けしたドライフラワーをご紹介します。





フレームに入ったドライフラワーも大人気。こちらの商品はフレームに無料で文字を刻印出来ます。お祝いの言葉や、お届け先様のお名前を刻めば、世界で一つだけのドライフラワーを贈ることが出来ます。
サイズは商品ページに記載しておりますので、是非御覧下さい。



商品をもっと見る



Sakaseruが実際に購入したレポートもご紹介しておりますので、どんな状態で届くのか、どの様なシーンに使えるのか、是非御覧下さい。



事務所の看板としてドライフラワーを買いました
開店祝い等のお祝い花として人気のフレーム入りのドライフラワー。実際に購入してオフィスの玄関に飾ったレポートになります。
詳しく見る



開店祝いに人気のお花 ドライフラワーとは?



開店祝いのフラワーギフトとして人気のドライフラワー。ドライフラワーとは、お花をお花屋さんの手で人工的に枯らせたお花の事を指します。
プリザーブドフラワーとよく間違えられる事がありますが、異なる商品となります。プリザーブドフラワーは、お花を染料と薬品に付けた商品です。

お花の中でもドライフラワーになるお花とそうでないお花があります。一般的にドライフラワーで見かけるのが、バラやカスミソウ、夏場ですとヒマワリ等もよく見かけます。



深い紅が美しい開店祝いのドライフラワー開店祝い花

深い紅が美しいドライフラワーアレンジメント



ドライフラワーの特徴として、長く楽しめることが挙げられます。
既に枯れたお花ですので、それ以上著しく劣化することは無く、店内を末永く彩る事が出来ます。

また、最近ですと壁にかけられるタイプのドライフラワーも人気で、お店のエントランスや、店内のちょっとしたスペースに気軽に飾ることが出来るのが特徴になります。



開店祝いに人気のお花 スワッグとドライフラワーの違い



最近、ドライフラワーと同様に、開店祝いの贈り物に人気のスワッグ。スワッグとは、花や草を束ねて壁にかけることのできる商品のこと。



フルーツなどが楽しい開店祝いのスワッグ

フルーツなどが入った楽しげなスワッグ



プリザーブドフラワーや造花を束ねて出来たスワッグもありますが、一番人気はドライフラワーで作られたスワッグです。
元々は、西洋でハーブなどを束ねて魔除けとして使われていたのがルーツで、今では店内のインテリアとして使用される事が多く、オシャレな空間の演出にピッタリの商品です。

「スワッグ = 壁にかけるドライフラワー」と覚えておけば間違いありません。





開店祝いにドライフラワーを贈る時のマナー



「開店祝いにドライフラワーを贈るのはマナーとして大丈夫ですか?」とお客様からお問い合わせをいただくことがあります。

結論からお伝えしますと、全く問題ありません。
「枯れたお花を贈るなんて忍びない」と思われるお客様もいらっしゃいますが、開店時にドライフラワーで彩られた店内は一気にオシャレになりますし、水やりの手間もかからないので、受け取られるお店の方も喜ばれます。

開店祝いのドライフラワーとして、おすすめの贈り先は、
・美容院
・バー
・カフェ
・レストラン
・モダンな料亭
・アパレルショップ
・セレクトショップ
等になります。

開店祝いに贈るドライフラワーは、インテリアとして末永く楽しむことが出来ますので、来店されるお客様、そしてお店の方に喜ばれます。



開店祝いに贈るドライフラワーの相場





ドライフラワーの相場は、5,000円〜20,000円程度になります。
一般的なアレンジメント花に比べて、お花をドライフラワーにするまでの工程がかかりますので、相場もその分高くなってきます。

開店祝い花としてのドライフラワーを贈られる場合は、ご予算10,000円以上をおすすめ致します。
理由としましては、ドライフラワーは水分が抜けているお花になりますので、その分サイズが生のお花に比べてコンパクトになってきます。
ドライフラワーの商品を制作する上で、どうしても花の本数が必要になってきますので、大切な開店祝いに贈るご予算として10,000円以上ご用意頂けましたら、デザイン・ボリューム共にご満足頂けるお花をお店にお届けすることが出来ます。



開店祝いに喜ばれるドライフラワーの贈り方



最後に、どの様なドライフラワーを開店祝いのお花としてお届けすると喜ばれるのか、ご紹介させて下さい。
ドライフラワーは商品の性質上、生のお花と異なり非常に長く持つお花になります。
つまり、お店にお届けしたあとも、ずっとお店に残る事になります。

インテリアとしてお店の雰囲気を演出する事になりますので、お届け先のお店の雰囲気に合ったお色味・雰囲気でご注文されると喜ばれます

例えば、ワインを取り扱うお店でしたら、ぶどうをイメージした実ものが入ったドライフラワーなどセンスがありますし、バーなど落ち着いた雰囲気のお店でしたら、あえて控えめな色味のドライフラワーを贈ると喜ばれます。

また、ドライフラワーに限らず、開店祝いに喜ばれるお花の贈り方も次のコラムでご紹介しておりますので、是非お読み頂ければ幸いです。はじめての方でも、ワンランク上のお花贈りが出来るようになりますので、おすすめで御座います。



【まとめ】はじめての開店祝い花の贈り方
開店祝いのフラワーギフトの相場や、胡蝶蘭やアレンジメントやスタンド花などの種類、立て札の書き方など、開店祝い花の贈り方をご紹介します。
詳しく見る

この記事を監修した人

株式会社Sakaseru代表取締役

小尾龍太郎

1982年生まれ。プログラマーとしてドワンゴやmixi等のIT企業に従事した後、新宿の花屋をITの力で立て直し、六本木の花屋フラワーキッチンを設立。より良い花贈りを実現する為2015年株式会社Sakaseruを起業する。 詳しく見る

この記事をSNSでシェア

人気の商品

商品をもっと見る

オーダーメイドの制作も可能です

「お店の内装にあわせて作って欲しい」「取引先のカラーで作って欲しい」そういったご注文もお任せください。フラワーデザイナーがイメージをくみとりお花に表現いたします。

フラワーデザイナーを選ぶ

もしフラワーデザイナー選びに迷われる場合は、お届け先さまの雰囲気やご希望のイメージなどから、Sakaseruスタッフがフラワーデザイナーをご紹介します。世界に一つの、想いを込めた贈り物。私たちスタッフがお手伝いできれば幸いです。

スタッフに無料相談

鉢植えの胡蝶蘭や、観葉植物をご購入されたい方も上記「スタッフに無料相談」からご相談くださいませ。