お取引先様やお得意様へ贈る、ご移転祝いのお花。
晴れやかな祝い花に添える立て札は、どなたが贈ったか一目で知らせる、大切なものです。

一方で、立て札の書き方やマナーは慣れていないと中々分からず、Sakaseruにもよく不安のお声を頂きます。
そんな不安を解消するために、このページでは移転祝い花と立て札の書き方を、例文・テンプレートと共にご紹介致します。



目次



移転祝い花の立て札 基本の書き方・マナー



立て札には、以下の3つを全て書くことが多いです。





①お祝いの言葉朱書きで「祝御移転」「移転祝」「移転御祝」「御祝」などとする
②贈り主名贈り主の「個人名」または「会社名」「会社名・代表者の役職と名前」を黒字で記入する
③お届け先名贈り先の「会社名」または「店名」を黒字で記入する


一方で、マナーとしては、必須なのは①と②で、③は書いても書かなくても良いことになっています。Sakaseruではどちらのパターンもよくご注文をお受けしますので、ご安心下さい。

では、立て札に記載する項目について、順を追って見ていきましょう。



①お祝いの言葉(例:御祝/祝御移転など)





お祝いの言葉とはお送りする目的を内容を一言で表したものです。
目的に応じてご依頼主様側で変更します。
ご移転祝いの立て札の場合、以下のような文言が一般的です。

・「祝 御移転」←最も一般的です!
・「御祝」   ←何のシーンでも使えます。
・「祝 移転」
・「祝 リニューアルオープン」
・「移転祝」
・「移転御祝」
・「移転おめでとう」
・「ご移転おめでとうございます」

ベーシックな「祝御移転」「御祝」が特に人気です。



②贈り主(ご注文者)様のお名前





次に、移転祝いの立て札にはご依頼主様(ご注文者様)のお名前を入れる必要があります。
特に沢山のお花が届く場合は、お返しや御礼状のために、立て札だけ取っておくということもあります。大切な要素ですので、忘れずにお入れください。
また、お名前のあとの「〜より」は入れても入れなくても構いません。

ご移転祝いの立て札の場合、以下のような書き方が一般的です。

・個人名のみ……サカセル花子
・連名の場合……サカセル太郎 サカセル花子
・社名のみ……◎◎会社
・社名+個人名……◎◎会社 サカセル太郎
・社名+役職+個人名・・・会社代表◎◎取締役 サカセル太郎
・家族や部署や同志一同・・・友人一同/、◎◎株式会社営業部一同

個人名の連名で記入する際には、肩書きや役職が上の人の名前を最初に書きます。縦書きであれば右側から書くようにしましょう。



③お届け先様の会社名/お名前





マナーという面だけで見れば、お届け先様のお名前は記載しても、しなくても良い内容となります。



①〜③すべて書いた場合





①、②だけ書いた場合





お届け先様の個人名を入れたい場合には、会社名や店名の下に置く、あるいは横に並べることが多いです。





移転祝い花の立て札の書き方 よくあるご質問



「木札」「紙札」の二種類の立て札を見かけるけど、何が違うの?


立札の種類には、木板でできた「木札」と厚紙でできた「紙札」があります。
特にこの種類に違いやマナーはありません。
木札は紙札と比べて見栄えも良く、高級感がありますが、木札が指定の場合追加の料金がかかる、というお花屋さんもありますので、よく確認しましょう。



立て札に連名で書きたい。何人まで書ける?


部署や団体など人数が多い場合、贈り主名には会社名や部署名、団体名を正式名称で記入し、最後に「一同」を付けましょう。
個人名の連名で記入することもできますが、人数が多ければ多いほど名前が小さくなってしまうので3人以上は注意が必要です。花屋さんに相談できるようなら、ぜひ聞いてみて下さい。



メッセージカードは付けられる?


移転祝いのお花に立て札は必須ですが、それに加え、メッセージを伝えるメッセージカードを添えることも可能です。
Sakaseruでは立て札、メッセージカードどちらも無料でおつけしています。



移転祝い花の立て札 迷った時は



こちらのページを読んでも不安や疑問が消えない場合は、ぜひSakaseruスタッフにお問い合わせください。
平日10:00〜19:00でしたら、すぐのご返信が可能です。



お問い合わせはこちら

人気の商品

商品をもっと見る

オーダーメイドの制作も可能です

「お店の内装にあわせて作って欲しい」「取引先のカラーで作って欲しい」そういったご注文もお任せください。フラワーデザイナーがイメージをくみとりお花に表現いたします。

フラワーデザイナーを選ぶ

もしフラワーデザイナー選びに迷われる場合は、お届け先さまの雰囲気やご希望のイメージなどから、Sakaseruスタッフがフラワーデザイナーをご紹介します。世界に一つの、想いを込めた贈り物。私たちスタッフがお手伝いできれば幸いです。お気軽にご相談ください。

スタッフに無料相談