法人様のオフィスや飲食店、美容院などの店舗のお引越しに伴う、移転祝いのお花。
こちらの記事では、大切な方への喜ばれるお祝いのお花の贈り方をご紹介させて頂きます。

お花をお届けさせて頂くと、花を見た方が「このお花はオフィスの色と合っているね」と話すのを耳にすることがあります。
アレンジ花やスタンド花は、季節の花々で彩られ、その雰囲気も異なりますから、一つ一つのお花に目が止まるのです。

そんな誰からも喜ばれるお花贈りのために、基本的なマナーや相場から、喜ばれるご注文の仕方までお伝えします。



目次



移転祝い花を贈るタイミングは?



移転祝い花はいつ贈れば良いですか?



移転当日がおすすめです。



移転祝いのお花は、オフィスが移転する当日がおすすめです。
その理由は、オフィスが移転する当日であれば、移転に伴う引っ越し作業が全て終わっていますので、お花を受け入れる体制も整っている可能性が高いからです。何より、新しいオフィスでの活躍を応援する意味で贈られる移転祝い花の価値が引き立ちます。

ポイントは、移転日よりも前に贈らないことです。移転日前は、まだオフィスを整備している可能性が高く、お花を受け入れられる体制が整っていません。移転祝いのお花は、オフィスが移転する当日を心がけてみて下さい。



移転祝い花は遅くてもいつまでに贈ると喜ばれますか?



遅くとも引っ越しが済んでから2週間以内がおすすめです。



移転祝いのお花は、遅くとも引っ越しが済んでから2週間以内に贈ることをおすすめ致します。
その理由は、2週間を超えてしまいますと、他のお花が殆ど撤収された中で贈られたお花だけが変に目立ってしまうからです。

沢山の祝い花と共に、移転先の新たな門出をお祝いすることで、お祝いの雰囲気に一役買う事が出来ますし、お花を受け入れるお取引先さまも、まとめてお花受け入れの作業が出来ますので、遅くても2週間以内に贈ることをおすすめ致します。

その場合「沢山の祝い花の中で自社の花が埋もれるのでは?」とのご心配もあると思います。確かに胡蝶蘭や観葉植物は送り主を札で判断することしか出来ませんが、Sakaseruのオーダーメイド祝い花であれば、他の祝い花と被ることが御座いませんので、是非その事例を御覧下さい。



移転祝い花におすすめの商品の種類



1番広く知られているのが胡蝶蘭ですが、実はそれ以外にも様々なお花の種類があります。それぞれのお花の特徴を、メリット・デメリット、ご予算目安とともにまとめました。是非ご用途に合ったお花選びをして頂ければ幸いでございます。



種類と
ご予算目安
メリットデメリット
胡蝶蘭
15,000円〜
・一定のクオリティがある
・長持ちする
・サイズに対して価格が割高
・処分に手間がかかる
・他の祝い花と同じ見た目になる
観葉植物
10,000円〜
・長持ちする
・インテリアの一部として楽しめる
・スペースをとりつづける
・処分に手間がかかる
アレンジメント花
3,000円〜
・安い価格から注文できる
・飾る手間がかからない
・一番個性を出すことができる
・長くて一週間程度しか持たない
・大きすぎるものは処分に手間がかかる
スタンド花
15,000円〜
・一番インパクトがある
・店舗に贈る場合、店前の通行人の目を引くことができる
・処分の手間がかからない
・スペースに余裕のない場所には置けない
・配送費がかかるので価格が割高になる
プリザーブドフラワー
8,000円〜
・枯れないお花なのでずっと飾れる
・手入れの必要がない
・サイズに対して価格が割高
・ずっと残るので好みのものを贈る必要がある
ドライフラワー
10,000円〜
・おしゃれな雰囲気を演出できる
・手入れの必要がない
・枯れた風合いが好みか把握する必要がある
ボックスフラワー
6,000円〜
・気軽に飾れる
・手渡しし易い
・スペースを取らない
・お祝い花として余り知られていない


胡蝶蘭(ご予算目安:15,000円〜)





胡蝶蘭は、特に迷うこと無く一定のクオリティの物をお届けできます。また長持ちをしますのでお届け先様で長く咲かせることができます。
デメリットとしては、胡蝶蘭は高価なものであるため、アレンジメントの同価格のものと比較するとこじんまりとしたサイズになります。また、鉢に入った大きな胡蝶蘭は、長く持ちすぎてしまうために受け取った方が処分のタイミングを図ることが難しく、処分をする際も鉢と花を分別する必要がありますので、手間がかかります。そして、胡蝶蘭は見た目に大きな違いがないお花ですので、他の方からも胡蝶蘭が届いている場合同じお花が並ぶ事になります。



観葉植物(ご予算目安:10,000円〜)





鉢に入った観葉植物は、手間もかからず長く持ちます。最近では変わった形の観葉植物も出回っていますので、インテリアの一部として楽しむことも出来ます。
長く持つ一方で、スペースをその間ずっと取り続けることになります。また、大きな観葉植物は胡蝶蘭同様処分の手間が掛かります。



アレンジメント花(ご予算目安:5,000円〜)



あらかじめお花が器に入ったアレンジメント花は、ご予算目安が5,000円〜と気軽な価格から注文ができる商品です。受け取った際にそのまま飾ることができますので、飾る手間がかかりません。また、季節の花々をお花屋さんがそれぞれのセンスで束ねますので一番個性を出すことができます
一方でデメリットは、お花が枯れるまで、鑑賞に耐えうる期間が長くて1週間程度と限られています。サイズの大きすぎるアレンジメントは処分の手間が掛かります。



アレンジメント花商品一覧



商品をもっと見る



スタンド花(ご予算目安:15,000円〜)



デザイナー後藤のスタンド花事例
¥30,000(諸費用別)



スタンド花は、スタンドと呼ばれる脚にお花が乗った商品のことです。高さが男性の身長程までありますのでそのインパクトも大です。エントランスやお店の外に飾られる事が多く、周囲の目を引くことができます。また、スタンド花は一定期間飾られた後、お花屋さんが基本的に回収をしますので、受け取った方による処分の手間も掛かりません

一方で、スタンド花をご注文される前に2つご確認頂きたいことがございます。

1. 配送料が他の商品に比べて高くなります
2. お届け先様の広さを事前に把握されることをおすすめ致します

スタンド花は、宅配で送れるサイズではないため、制作だけでなく配送・回収まで全てをお花屋さんが行なっています。花屋スタッフの稼働時間が掛かってきますので、その分の料金がアレンジメント花等に比べて高く掛かってきます。
※例外として、回収を行わないお花屋さんもいらっしゃいます。
※Sakaseruは全てのスタンド花を回収しております。

そして、スタンド花は大きな商品になりますので、小さなオフィスや店舗様などには不向きです。お届け先の広さとお花のサイズが不釣り合いですと、空間全体としてミスマッチになってしまいますので、その場合はアレンジメント花をおすすめ致します。

是非、配送料金とお届け先様の大きさをご理解頂いた上で、ご注文頂ければ幸いでございます。



プリザーブドフラワー(ご予算目安:8,000円〜)



特殊な加工が施されたプリザーブドフラワーは、ずっと枯れずに飾ることのできるお花です。他のお花と比べてコンパクトなサイズのお作りになりますので、ずっと飾れるコンパクトなギフトを贈られたい方はおすすめです。手入れも必要ありません
一方でプリザーブドフラワーは単価の高いお花になりますので、サイズに対して価格が高くなります。また、コンパクトでずっと残るお花は、お店にずっと飾られる可能性が高いですので、センスの良いプリザーブドフラワーを贈ることが必要になってきます。



プリザーブドフラワー商品一覧



商品をもっと見る



ドライフラワー(ご予算目安:10,000円〜)



デザイナー後藤のドライフラワー商品
¥12,000(総額 ¥14,910)



生花を意図的に枯らせたお花です。スワッグと呼ばれる、壁にかけられるドライフラワーも人気で、インテリアとしておしゃれな空間を演出することが出来ます。手入れも必要ありません
一方で、生花には無い枯れた風合いの好みはそれぞれですので、お店の好みを把握する必要があります。



ドライフラワー商品一覧



商品をもっと見る



ボックスフラワー(ご予算目安:6,000円〜)







ボックスフラワーは、決められた大きさのボックスに花々が敷き詰められた商品です。高級感のあるボックスを使用している商品であれば、手土産としても最適です。また、ボックスに敷き詰められた形状の商品は通常のアレンジメント花とはデザインの観点で一線を画しますので、お届け先様で印象に残るお花贈りをすることが出来ます。
一方で、アレンジメント花に比べ珍しいデザインのため、スタンダードなお祝い花として定着していないのも事実ですが、他には無いセンスの良いお花贈りをされたい方にはお勧めの商品です。
贈るのに最適なシーンやサイズ感など、より詳しい事を知りたい方は是非こちらのコラムよりご確認頂ければ幸いです。



ボックスフラワー商品一覧



商品をもっと見る



移転祝い花の相場



ビジネスシーンにおける移転祝いではお相手との関係性やお相手の企業の規模によって相場が異なります。またお祝いの金額が相場より高い品物だとかえって気を遣わせてしまう場合がありますので関係に見合ったお祝いを贈るようにしましょう。



法人様の移転祝い花場合


一般的に取引先への相場 ... 1万円〜2万円とされています。
重要な取引先や大規模な会社 ... ワンランク上の3万円~5万円のお祝いを贈る場合もあります。Sakaseruのオーダーではアレンジ花がメインですが、お届け先に十分な受け入れスペースがあることがわかっていれば、大きく一層華やかなスタンド花も大変お勧めです。



個人様への移転祝い花の場合


友人の会社が移転した場合や親族間の移転祝いの相場は5000円〜1万円程度です。
華やかでリーズナブルなアレンジメント花がよく選ばれています。コンパクトなアレンジメントは場所を選ばず飾れるため移転先の設置スペースを気にすることなく気軽に贈れます。



人気の移転祝い花のご紹介



アレンジメント花



Sakaseruでは国内でもトップクラスのフラワーデザイナーがデザインした移転祝いのお祝い花を販売しています。サイズ感なども商品ページで分かりやすくご紹介しておりますので、是非御覧下さい。



商品をもっと見る



フレーム入りドライフラワー



Sakaseruではご移転される会社名等を無料で刻印できるお祝い花も取り扱っております。おしゃれで場所も取らず、ずっと飾って頂ける商品になります。



商品をもっと見る



オーダーメイド移転祝い花 値段別事例集



移転祝いのアレンジメント花 5,000〜9,000円





移転祝いのアレンジメント花 10,000〜15,000円





移転祝いのアレンジメント花 16,000〜20,000円





移転祝いのアレンジメント花 25,000円以上





移転祝いのスタンド花






スタンドのお祝い花一覧



移転祝い花の立て札の書き方



移転祝い花の立て札に書く、基本の情報は3つです。





①お祝いの言葉(例:御祝/祝御移転など)
②お贈り主(ご注文者)様のお名前
③お届け先様の企業名や店名/お名前

必須なのは①と②で、③は書いても書かなくても良いことになっています。一方で、移転祝い花の立て札の場合、③お届け先も記載することをお勧めします。周りの人に対して「移転を知らせる」、宣伝を兼ねたお花となりお届け先に喜ばれるからです。
Sakaseruでは、立て札を無料でおつけしております。

立て札に記載する項目について、順を追って見ていきましょう。



移転祝い花の立て札 ①お祝いの言葉





お祝いの言葉とはお送りする目的を内容を一言で表したものであり、目的に応じてご依頼主様側で変更します。
ご移転祝いの立て札の場合、以下のような文言が一般的です。

・「祝 御移転」←最も一般的です!
・「祝 移転」
・「移転祝」
・「移転御祝」
・「移転おめでとう」
・「ご移転おめでとうございます」

単に「御祝」でも失礼にはあたりませんので、ご安心ください。



移転祝い花の立て札 ② 贈り主様のお名前





次に、移転祝いの立て札にはお贈り主様(ご注文者様)のお名前を入れる必要があります。
特に沢山のお花が届く場合は、お返しや御礼状のために、立て札だけ取っておくということもあります。大切な要素ですので、忘れずにお入れください。
また、お名前のあとの「〜より」は入れても入れなくても構いません。

ご移転祝いの立て札の場合、以下のような書き方が一般的です。

・個人名のみ……サカセル花子
・連名の場合……サカセル太郎 植物花子
・社名のみ……◎◎会社
・社名+個人名……◎◎会社 サカセル太郎
・社名+役職+個人名・・・会社代表◎◎取締役 サカセル太郎
・家族や部署や同志一同・・・友人一同/、◎◎株式会社営業部一同



移転祝い花の立て札 ③お届け先様の企業名や店名/お名前





マナーという面だけで見れば、お届け先様の企業名や店名/お名前は記載しても、しなくても良い内容となります。しかし例えばお店の移転祝いであれば、周囲に移転や店名を知らせる大切な役割を担いますので、Sakaseruではお届け先さまも記載することをお勧めしています。

記載する場合、画像のように、(お届け先の企業名や店名)様、と敬称を付けたものが一般的な書き方です。
お届け先様の個人名を入れたい場合には、企業名・店名の横に並べる、その下に置くことが多いです。



開店祝い花 立て札の書き方やマナー|無料テンプレートと共にご紹介します
開店祝い花に添える立て札は、どなたが贈ったか一目で知らせる、大切なものです。一方で、立て札のマナーや書き方は、慣れていないと中々分からず、よく不安のお声を頂きます。このページでは開店祝い花の立て札の書き方を、例文・テンプレートと共にご紹介致します。
詳しく見る



移転祝い花 お花の注文の仕方



どの様なギフトも、お相手様のことを考える時間はワクワクしますし、ギフトを受け取る方も、相手が考えてくれた・想ってくれた、ということは金額以上の喜びがあるものです。

それは、会社様間の祝い花であっても同様です。
引っ越しやご移転に伴う祝い花の場合、コーポレートカラーや内装に合ったお花をお届けされると、非常に喜ばれます。

先日とある企業様に伺った際に、コーポレートカラーのお花が並んでおり、ご担当者様の方が「コーポレートカラーを分かって贈って下さったことがとても嬉しい」

と仰っていたのが印象的でした。

内装に合った雰囲気のお花贈りも簡単です。

- 移転先がウッド調の内装
- コンクリート打ちっぱなしのモダンな店舗に移転した
- 移転後は一般的なオフィスらしいオフィスへ


どの様なことでも良いですので、内装のヒントを私達にお伝えを頂けましたら幸いでございます。
それぞれの内装に溶け込むデザインにて、お花をご用意させて頂きます。



最後に



引っ越し・ご移転のお花を贈られた後、ご挨拶や打ち合わせに行かれる機会もあるかと思います。

その際に話される、お花の話も、お届け先様との関係をより良いものにすることが出来ます。

折角コーポレートカラーや、内装の雰囲気に合わせたお花を贈られたのであれば、そのことをお伝えしても良いと思いますし、私達は、完成したお花に使わせて頂いたお花の種類やコンセプトを、配送完了時にお伝えをさせて頂いておりますので、そのことをお伝えしても素敵だと思います。

この瞬間、お花は会話のコミュニケーションとしてのツールになりますから、その後のお仕事などのお話も、より円滑に進めることが出来ると信じております。

ここまでお読み下さり、本当にありがとうございます。
ご用命頂くお花が、お客様と、お届け先様の架け橋になるお手伝いをさせて頂ければ、大変光栄で御座います。

素敵なお花贈りが出来るよう、Sakaseruのフラワーデザイナーが最大限お手伝いをさせて下さい。



フラワーデザイナー一覧を見る

この記事を監修した人

株式会社Sakaseru代表取締役

小尾龍太郎

1982年生まれ。プログラマーとしてドワンゴやmixi等のIT企業に従事した後、新宿の花屋をITの力で立て直し、六本木の花屋フラワーキッチンを設立。より良い花贈りを実現する為2015年株式会社Sakaseruを起業する。 詳しく見る

この記事をSNSでシェア

人気の商品

商品をもっと見る

オーダーメイドの制作も可能です

「お店の内装にあわせて作って欲しい」「取引先のカラーで作って欲しい」そういったご注文もお任せください。フラワーデザイナーがイメージをくみとりお花に表現いたします。

フラワーデザイナーを選ぶ

もしフラワーデザイナー選びに迷われる場合は、お届け先さまの雰囲気やご希望のイメージなどから、Sakaseruスタッフがフラワーデザイナーをご紹介します。世界に一つの、想いを込めた贈り物。私たちスタッフがお手伝いできれば幸いです。

スタッフに無料相談

鉢植えの胡蝶蘭や、観葉植物をご購入されたい方も上記「スタッフに無料相談」からご相談くださいませ。