お客様インタビューのご紹介。

お客様インタビューのご紹介。

2019年05月28日

こんばんは、スタッフのアスカです!
突然夏になったので、普通に風邪を引きました…。

本日は徐々に徐々に、数も増えて参りましたお客様インタビューより、いくつかピックアップしてご紹介致します。
共通する部分はありながら、語って下さる言葉は当然それぞれ違っていて…それをお伺いするのが、とても楽しく嬉しいことだと、最近特に感じております。
そんな素敵なお話を、少しでも多くの方に読んで頂きたく、改めてご紹介させて下さいませ…!



立て札・イラスト・器まで…
「どうせやるなら」妥協をしない



どうせ自己満足で作るなら、満足いくようにしたい、と思っています。
任せっきりでも綺麗なものはできるけど、多分自分でやったほうが楽しいです。(インタビューより)



以前のメルマガでもご紹介しましたこちらのインタビュー。アーティスト・蒼井翔太さまのライブツアーへのお花についてのお話です。
立て札から器から、既成品とご自身の工夫とを組み合わせた超力作。その裏側をお伺いすべく、なんと特別に、1時間少々オンライン通話にてお話をさせて頂きました。その分、超!濃密な内容となっております…!!(でも会話形式なので読みやすいハズ!)

蒼井さまへの想いはもちろん、どのようなお店で材料を揃え、どのくらいお金がかかったか、などもお伺いしてますので、小物を作ってみたいという方には相当参考になるのではないでしょうか…!?



インタビュー本文はこちら

お花のご紹介ページはこちら

衝撃的な想いの起源



それをきっかけにして人と人との繋がり、絆、色々な方への感謝の気持ちがいかに大切なものかを知りました(インタビューより)



漫画「ゆるゆり」の10周年アニバーサリーイベントへお届けさせて頂いたこちらのお花。
「そんなお気持ちをSakaseru通じてお届けさせて頂いたなんて…!!」読んですぐそう感じたインタビューです。
こちらのインタビューについては、お話をお伺いする前には想像もしていなかったエピソードがありました…!

インタビューをお願いしたきっかけとしては、「今回のご依頼にすごく気合の入っていらっしゃるご様子なのは、どうしてなのだろう」とふと思ったことからでした。
そんな「ふと」が大切なのだなと実感した回でした。
お客さまの並ならぬ想い、感じてくださいませ!



インタビュー本文はこちら

お花のご紹介ページはこちら


花贈りそのものにまで
踏み込んだ内容のインタビュー



生花は日持ちしませんし、持ち運びも大変です。なので特別な日のプレゼントにはお花以外のものが選ばれがちですし、私も選んでしまいます。
ですが、だからこそ生花へお金を出し贈る価値があると私は思っています。(インタビューより)



俳優・塩口量平さまへのお花をいつもSakaseruにご依頼下さっている、リピーターのお客様へお伺いしたインタビューです。

これまでのご依頼で何度もやり取りさせて頂いていたこと、ご相談の際、いつも丁寧な文章で想いを言語化して下さることから、他の方より更に、一歩踏み込んだ質問でお伺いしました。
「お花贈りという文化全体について」まで思いを馳せて頂き、それを言葉にして頂きました!「答えづらいかな…」といつも遠慮がちに質問を書いてしまうのですが、こちらのお客様に対しては杞憂もいいところでした…!



インタビュー本文はこちら

お花のご紹介ページはこちら

スタッフまでも気遣って下さる
お人柄溢れるインタビュー



個人的には"おめでとう"と、いつも応援している中で1番に伝えたいと思っている"ありがとう"を伝えられる花を贈りたいと毎回思っています。(インタビューより)



声優・小松昌平さまご出演の朗読劇へ宛てられたこちらのお花に関するインタビュー。

初めてお写真を見た時、スタッフも「作品のイメージ通り…!」と驚きました!それもお客様は感じて下さったご様子。しかしこちら実は、すべてを「おまかせ」でご依頼頂いたものです。
お客様はリピーターの方で、長らく小松さまを応援されているご様子。にも関わらず、なぜ「おまかせ」だったのかを中心にお伺いしました。
そのお答えも素敵だったのですが、お話の中でフラワーデザイナーやスタッフに対しても暖かいお言葉が。お人柄の溢れる内容に、拝読してまずとても嬉しくなったことを覚えております…!



インタビュー本文はこちら

お花のご紹介ページはこちら


人によっては縁遠いものである「お花贈り」。
そんな特別な行為に共通する想いと、その方だけの想いと…それぞれ皆さまの言葉で語って頂きました。
共感できる部分や、はっと気づくような場面など、きっと感じるところはあるのではないでしょうか…!

他にも沢山の想いを掲載させて頂いておりますので、是非、以下の一覧ページより、他の方のインタビューも読んで見て下さい。



お客様インタビュー一覧へ


ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
引き続きSakaseruをどうぞよろしくお願いいたします。

SNSでシェア

このコラムを書いたスタッフのおすすめ

関連するコラムを読む