推し布教キャンペーン 当選コラム

推し布教キャンペーン 当選コラム

2021年01月19日

こんばんは!スタッフのアスカです。

キャンペーン終了から2ヶ月経ってしまいましたが…(遅くなってしまい申し訳ございません…!!)ようやく、10-11月に行いました[推し布教キャンペーン]の感想文ができあがりました!
当選商品の一つとして、私スタッフアスカが、ご応募下さった方の推し作品や推し役者さんの作品をみて、感想を書く。始めた当初は「私の感想を喜ぶ人いるか…!?」と不安でいっぱいでしたが、思いの外当選した方には喜んで頂けて…!

「ウルトラマンX」「金色のコルダ(火原和樹先輩)」「鈴木勝吾さん(ミュージカル・憂国のモリアーティ)」

当選された方の推して下さった、上記3つについて精一杯書かせて頂きました。お読み頂けましたら幸いです!



1.ウルトラマンX



『ウルトラマンX』(ウルトラマンエックス)は、2015年7月14日から12月22日まで放映された円谷プロによる特撮ドラマです。

本当にもう、すごーーーくお話がしっかりしているのです……!!!!
日本を代表する超有名シリーズですから、当然といえば当然かもしれませんが……。
全22話の中で、

■主人公やその周辺のキャラ立て、深掘りのワンエピソード
■各エピソードの怪獣、中ボス、ラスボスとの戦い
■パワーアップ回
■シリーズファンのための過去シリーズからのゲスト出演
■世界観を広げる閑話休題的なエピソード

余すことなく全部やっています。
そして軸となるストーリーはまさに王道!!!この質の高い王道ストーリーを幼少期に履修できるのは本当素晴らしいですね…(?)
エックスのかっこよさ、エピソードごとにバージョンが増えるアーマー、(怪獣のデータダウンロードでアーマーになるのアツすぎる)、魅力的なキャラクター……いやー楽しかったです!
知識ゼロで見始めたので、エックスが初めて喋った時イケボすぎて吹き出して巻き戻してしまいました。中村さん…。

個人的には特に15話!!が好きです!!なぜなら神木さんが好きなので!!!(1話の「怪獣と…戦ってる…」からの「あの巨人を援護だ!」の判断が早いのを見たときから!!)
15話、父親役不在のバージンロードの映像と結婚行進曲とクロスする戦闘の映像エモすぎませんか?!?!叫びました。あれはお子さん以上に、お子さんと一緒に見てる保護者様層の胸を打つのでは…。
妻の死に目に立ち会えなかったほどの神木さんが、家族と平和の天秤を家族に傾けることはないけれど、家族も心から大切に思っていることが随所に表現されており…。
親子が互いに歩み寄った素敵なエンディングでしたね…。
そこまでしっかり神木さんの正義感(観)を描いてきたからこその、納得の話運びでした。

またラストの描き方として、すべてがハッピーエンドではない…消えてしまった大地の両親は戻らないままだし、人類と怪獣・宇宙人との共存はまだ果たされていないし、というのが好きでした。全体的には大団円ですし!
亡国(滅んでません)の王子との淡い恋物語もよかった〜〜〜〜。
あとは怪獣や宇宙人の皆さんのフォルムや、人がたの宇宙人さんがエックスと戦う時、プロレスのヒールっぽい動きをするのにキュンとしていました。かっこいい〜〜〜〜。

また、作品の感想とは違いますが、日本文化を履修しているという実感がひしひしとしていました。特撮ドラマを真面目に見たのが本当に初めてで…「こりゃあ憧れるわ!」という。日本文化を見るレイヤーが一つ増えた感じがします。

ご応募、本当にありがとうございましたー!!!映画版も見てみます!

ウルトラマンXを視聴するにはこちら



2.金色のコルダ コミカライズ版(1巻〜17巻)



大人気乙女ゲームシリーズ[金色のコルダ]。本来であれば原作であるゲームをプレイすべきなのですが…手持ちのハードに対応がなかったため、コミカライズを拝見させて頂くことに致しました。
ゲームであれば各攻略対象にルートがあるマルチエンディング式ですが、コミカライズでは次第に一人のキャラクターとヒロインとの描写が増えていきます。そのため、応募して下さった方は登場キャラクターである火原 和樹先輩を推して下さったのですが、今回は作品全体で感想を書かせていただきます。

いやあ……このコミカライズ版、すごく質が高いのです…!!

音楽への思いや各キャラクターの魅せ方、鈍感なヒロインの恋心…。丁寧、とても丁寧です!!!
これはコミカライズを担当されたのが、もともとコルダのキャラクターデザインを手がける呉先生によるものだったことも影響しているかもしれません。漫画の描き方も素敵ですが、優しく美しい絵柄が世界観にぴったりです。私も香穂子と同じく音楽は素人なので、魔法のバイオリンの設定や学園生活・コンクールの描写にものすごくわくわくしました。(楽器ってどれも格好いいですよね…!!)

もちろん、ゲームすべてのエピソードを描いているわけではなのですが、初見の人間としてはとても満足度が高い作品でした!

何よりキャラクターの魅せ方が素敵で…1巻から月森くんルートなのだろうはとはわかりましたが、月森くんのわかりやすいデレが少ないなーと思っていたら、溜めて溜めて12巻の赤面!!! これは土浦くん派の私もクラッときました…!!
学園のみんなはもちろん、音楽の妖精であるリリがかわいい〜〜〜もっと出てきて欲しかった…。

そしてご応募下さったお客様の推しキャラである、火原先輩…! 元気で暖かくて優しくて…柚木先輩との友情、とても美しかった…。お客様が仰っていた「いつも元気や幸せを届けてくれます」という言葉、コミカライズ版ですと十分ではないのかもしれませんが、わずかながら理解できた用に思います。(これはコミカライズが不十分だったということではなく、原作個別ルートには流石にキャラクターの掘り下げが及ばないだろうという上でのことです…あしからず…!!)
物語序盤から香穂子への恋心がしっかり描かれていただけに、もう少し、もう少し火原先輩のことも〜〜〜!!! という気持ちにはなりつつも、優しい火原先輩ならそうなるのかな…と。

しかしやっぱり本編がやりたいですね〜〜〜!!!PSP、買い戻しますか…。

ご応募、本当にありがとうございました!!!





3.ミュージカル・憂国のモリアーティ(俳優・鈴木勝吾さん)



この度推して頂いたのは俳優・鈴木勝吾さん。ただ、ご応募下さったお客様にお勧め頂いた「ミュージカル・憂国のモリアーティ」を普通に全力で楽しんでしまったので、このようなタイトルの書き方にさせて頂きました。

原作はスクエアジャンプで連載中の漫画「憂国のモリアーティ」、もっと言えばコナン・ドイル作「シャーロック・ホームズ」シリーズを原点とした作品で、シャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ伯爵を主人公とした物語です。漫画をアホほど読んでいる私ですが、たまたまこちらの作品は未読でしたので、物語もゼロベースで楽しませて頂きました!

いやもう、物語も面白いですし、もう序盤から

歌、うまあ〜〜〜〜〜!!!!

なんて言うんでしょうか…? あの、鈴木さんの高音、ヤバ…となりました。あれ地声ですよね…? お上手な歌を聞き続けると人間はアドレナリンが出る…。そして声が、もう、元々、生まれつき、良い…!!!!! このキャンペーンの最初に拝見したビブリオバトルのプレゼンの映像のときにも感じましたが、思わず聴きたくなってしまう素敵な声質ですよね…。
そして歌うときとは打って変わって落ち着いた声色で、頭脳明晰・完璧な”クライムコンサルタント”を演じるギャップ…。この感想を書くにあたって、原作漫画「憂国のモリアーティ」も拝読したのですが、ますます唸ってしまいました。ウィルでした。ウィルでした…。天才的な頭脳と共に、優しさと残酷さと純粋な心を持つ青年…。そして顔が格好いい…格好いい…。

その他にも、「すごい…!!」の連発でした。演技の巧みさ、物語のテンポや魅せ方、各キャラクターの魅力…漫画版を読んでからは、物語をミュージカル用にいかに美しくまとめているか、といった部分にも感動してしまいました。
そしてシャーロック役の平野さんもやばいよ〜〜〜〜!!!;;;でした。かっこよ…仕草が!! 仕草がもう!!! 格好いい……………………。

特典ディスクの舞台裏も拝見しまして、本当、役者さん、スタッフさん、ひたむきに作品を作り上げているのだなと…。迷ったんですが新品で買ってよかったブルーレイ…!!
ご応募、本当にありがとうございました!!





今回の”推し布教”キャンペーンは以上となります! 長らくお付き合い頂き本当にありがとうございました。

またSakaseruでキャンペーンをさせて頂く機会もあるかと思いますので、その際は何卒、よろしくお願い致します…!


SNSでシェア

関連するコラムを読む