推させて下さいお願いします。【遊戯王 海馬瀬人編】

推させて下さいお願いします。【遊戯王 海馬瀬人編】

2020年10月16日

こんにちは!スタッフのアスカです。
本日から私の好きなものをご紹介する、新コーナーをやらせて頂くことになりました〜!!(やったー!)

先日公開させて頂いたコラムでも書きましたが、私アスカは月50〜100冊ほど漫画を読んでいます。(漫画雑誌含む)
またVtuberの皆さまが大好きですし、漫画ほど数は多くないですが大好きなゲームなどもあります。そうしていると、ふと湧き上がってくる欲求があります。

推し(作品)を多くの方に知ってもらいたい…。

これはオタクの皆さま、あるいはそうでなくとも、思うことではないでしょうか。

また、Sakaseruは何かのコンテンツの公演やイベントにお花をお届けする機会が非常に多いお花屋さんです。そんなコンテンツをご提供して下さっている作品側に、ほんのわずかでもお返しができたら…。


そこでこのシリーズでは、好きなコンテンツとその中で私が好きなキャラクター、そして最後に、キャラクターや作品のイメージカラーと【近い色合い】のお花事例をご紹介させて頂きます。

お花だけご覧になりたい方はこちらをクリックして下さいませ。



初回となります今回…。
どの漫画、キャラクターをご紹介するかかなり迷いましたが…。
まずは超有名所! 自分が長年大好きな作品とキャラクターをご紹介します。

推し作品:遊☆戯☆王(高橋和希先生 作)
推しキャラクター:海馬瀬人


こちらでお願いいたします!!!



推し漫画:遊☆戯☆王について



ここでお話しますのは、現在もアニメ放映・アプリゲームと続くシリーズ原点、週刊少年ジャンプで連載していた初代「遊☆戯☆王」です。
言わずとしれた有名作品、作品そのものはよく知らなくても、なんとなくタイトルやキャラクターは知っている…という方も多いかもしれません。

簡単なあらすじとしては、物語はいじめられっ子の高校生・武藤遊戯が祖父から譲り受けた黄金のパズルを完成させることから始まります。遊戯はそれ以来、しばしば記憶がなくなり、いじめっ子たちがいつの間にか痛い目に会っている…という経験をするように。実はそれはパズルの中にいた謎の人格が、パズルの完成と共に遊戯に宿ったことが原因でした。

そんな風に、いわゆるダークヒーローものとしてスタートしますが、その後カードゲームが中心の物語になっていきます。

名だたるデュエリストが島に集められ、仲間を助けるため過酷な戦いを勝ち抜く【デュエリストキングダム編】、
遊戯たちが住む童実野町を舞台に神のカードを巡って戦う【バトルシティ編】など、熱いバトルをあげればきりがありません。個人的にはバトルシティ編のタッグバトルが一番アツいです。

ただ、非常に有名な作品なので、遊戯王に関してお伝えしたいことは一つ…!!

最後まで、読んでほしい…!!ということ…!!!!

その物語のラストについては、作品の知名度ほど知られていないように思っています。
カードバトルのアツさ、仲間との絆といったザ・ジャンプの漫画という要素はたくさんありますが、ラストの爽やかさ、読後感もまさに「王道少年漫画」…!

ネタバレにならない程度にお話すると、遊戯王という作品は様々なテーマがあり、裏人格の"闇遊戯"が目立っていながらも、一貫して「主人公・武藤遊戯の物語」だったのだと感じます。
もともと気弱ないじめられっ子、ではありましたが、遊戯は1話目からとても優しく、ある種の勇気ある人物として描かれています。その優しさを持ち続けながら、物語のラストではどんな風に遊戯が成長するのか……そこまでぜひ、見届けて頂きたいのです…!!





推しキャラ:海馬瀬人について



海馬瀬人は遊戯の高校の同級生にしておもちゃ会社の社長でもあり、遊戯の最大のライバルとして立ちふさがり続けるキャラクターです。遊戯と並んで有名なキャラではないでしょうか。

私は…この…海馬社長が…昔から大好きで…!!!

2016年、海馬社長が重要なポジションで登場する、まさかの完全新作映画が公開された時は6回くらい見に行きましたし、先日再上映された際も行きました。
(ちなみにhttps://www.dreampass.jp/m352166 では今も再上映投票が行われていますので、映画館で見たい方はぜひ一緒に投票しましょう!この劇場版は海馬瀬人が”ライバル”から開放される物語だと思っていてこれに関して1時間くらい話せるのですが今回は話がそれるので割愛します)

ずばり海馬社長の推しポイントは…エキセントリックな言動と、スーパーウルトラ格好いいシーンのギャップです!!!!
上記の劇場版では「狂った独裁者」などと呼ばれ、ファンである私も何も言えないのですが、でもやっぱりとにかく格好いい!!!強い!!誇り高い!!!頭がいい!!!使っているモンスターも格好いい!!強い!!!統一されたデッキテーマがある!!!!好きです!!!!

その狂った言動に関しても、単なる「クールなライバルキャラ」に留まらない魅力を放っていて、本当に"キャラの立った"人物です。
私が彼を好きになったのも、元々「こんなに格好いいのにネタキャラとして扱われすぎじゃない!?」と感じたことからでした。今ではネタキャラ化も愛だと思っていますが(実際面白い人ですし)、昔はそんな風に思い、海馬瀬人の魅力にますます沈んでいったのでした…。

もし! 海馬社長はちょっと見たことがあるけれど、遊戯王をこれから初めて読む・観るという方がいたら、「よくネタにされてる人だ」と思わず、そのギャップに注目してみてください…!!!後生なので…!!!

そして原作やアニメ版は見たことがあって、「海馬社長が割と好き、でも劇場版は未視聴」という方は、ぜひ劇場版を見てみてください。海馬社長好きにとっては、本当に、本当にものすごく良いので…!!!





イメージカラーのお花




さて、海馬社長といえばエースモンスター・青眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)!!
最強の龍の「白」と本人の瞳の色でもある「青」が印象的です!

そちらにちなんで、青×白のお花を最後にご紹介させて頂きます。
お客様のご依頼事例ですので、今回ご紹介した遊戯王や海馬社長とは関係ありません。ただ、この機会にぜひお客様たちの想いの込められた青×白の事例を御覧下さい!





長っ…前フリもあって驚くほど長くなってしまいました。
そしてネタバレなしで語るの、本当に難しいですね…!!

「推させて下さいお願いします。」遊戯王編、いかがでしたでしょうか。
次回は現在大ヒット中「鬼滅の刃」を予定しております。今回ばかりは乗っかります。
そして今後も、メディアミックス前の作品から大好きなVtuberさんまで、色々ご紹介させて頂けましたら嬉しいです。

ここまで読んで頂き本当にありがとうございます。
引き続きSakaseruをどうぞよろしくお願いいたします。

SNSでシェア

このコラムを書いたスタッフのおすすめ

関連するコラムを読む