お客様から頂戴しました、セカンドライフフラワーの優しい花

お客様から頂戴しました、セカンドライフフラワーの優しい花

2020年06月02日

こんにちは。
Sakaseru代表の小尾です。

先日、久しぶりにご公演に伴う華やかなスタンド花のご用命を頂戴し、
お客様のデザイン画に心が踊りました。

ほんの少しずつ、ご公演の楽しみや、ロビーの華やかさが取り戻されることを心待ちにしています。



優しいお客様



先日、Sakaseruの優しいお客様より、セカンドライフフラワーのお花を頂戴しました。
※セカンドライフフラワーとは、捨てられてしまうお花を最後まで楽しむ、Sakaseruの取り組みのことです。

元々、お客様の行かれるはずだった5月のイベントが、コロナウイルスの影響で中止になってしまい、それに伴い現地にお花をお届けすることも出来なくなってしまいました。

お客様がSakaseruのチャットの中でデザイン画やコンセプトを丁寧にお伝え下さり、沢山の想いを込めてご注文して下さいましたので、ご公演が中止になってしまったことがどれだけ残念なことだったかと、想いを馳せました。

そんな中でもお客様は
「お花の写真だけでもご公演に関わる方、同じ作品のファンの皆さまにお渡ししたい」と、
大変優しい想いでお花の製作を私達Sakaseruに託してくださいました。

お客様ご自身の事だけでなく、関わる方や、周りの方のことまで想いを寄せられるお客様が、本当に素敵だと感動しました。

お客様から周囲の方々への想い。
フラワーデザイナーの制作への想い。
そして、撮影用のお花。

沢山の想いとお花が、ご注文の物語を作ります。

素晴らしい物語ですから、僕たちSakaseruも何か貢献を出来ないか考えました。

考えた事が、撮影のために仕入れたお花も、その一生を最後まで楽しめるよう、
Sakaseruの方でお引取りをさせて頂けないか、ということでした。

僕たちはセカンドライフフラワーの取り組みをしていますから、
花々を最後まで、お客様に楽しんで頂く事ができます。

大変不躾なことだと承知しながら、お客様に、セカンドライフフラワーのお花として、
お花を譲って頂けないか打診をさせて頂きました所、
「今回のものだけではお花達も可哀想ですし、他に有効活用な方法があるのであれば、是非、使用してください。」
と、快くお返事を頂戴致しました。

本当に、ありがたいことです。



完成したお客様の作品



その後もお客様とフラワーデザイナーのやり取りが行われ、
お客様の沢山の想いが込められた作品が完成致しました。









ゲームの世界観が見事に体現され、ディティールまでこだわり抜かれた作品、お写真だけでもその素晴らしさが伝わってきます。



お譲り頂いた花々



撮影も無事に終わり、フラワーデザイナー宮崎から、Sakaseruまで、大切な花々を送って頂きました。
製作のために茎は短く切られていますが、まだまだ楽しめる花々です。





色々な物語のある花なのだと思うと、非常に感慨深いです。
生花の状態から2週間ほど経つと、ドライフラワーになります。





枯れた花々も、独特の表情が美しく、束ねるだけで絵になります。

ここから、セカンドライフフラワーの一輪挿しを作って下さる作家の猿渡さんにお花を送り、
再度お花を楽しむことの出来る状態にしていきます。

こちらの花々を使い一輪挿しを作り、その一輪挿しを他のお客様に楽しんで頂ければ、
この物語は更に次へと繋がっていきます。



最後に



改めまして、この度あたたかい想いを寄せてくださり、お花を分け与えて下さったお客様に、Sakaseru一同感謝しております。
ありがとうございます。
そして、セカンドライフフラワーの取り組みが、今後の皆さまのお花贈りに少しでもプラスになれば、幸せなことです。
今後皆さまから頂戴するご注文の中で、楽しみ終えたお花をお譲り頂きたいお願いを、僕たちの方からさせて頂くこともあるかもしれません。
その時は、どうか、お話だけでも聞いて頂けますと、とても嬉しいです。

SNSでシェア

関連するコラムを読む