事務所の看板としてドライフラワーを買いました

事務所の看板としてドライフラワーを買いました

2021年02月05日

こんにちは。
Sakaseruの小尾です。

実は、先日からワクワクする日々を送っていました。
何故なら、Sakaseruフラワーデザイナーに事務所の看板となる花を注文していたからです。

改めて自らSakaseruを体験すると、花が完成して届くまでのワクワク感がたまらないです。

Sakaseruは東京蔵前の雑居ビル5階に構えています。
インタビューをさせて頂く際に写真撮影に使えるほど、内装はシンプルで綺麗なのですが、築年数が経っていることから、良く言えばレトロな雰囲気が来社される方や配送業者さんに不安を与えていることが、ずっと気になっていました。

更に、事務所の玄関にSakaseruだと分かる表記が無い事が、更に不安を助長させていました。



何の部屋だか分からない玄関



そんな折、Sakaseruフラワーデザイナー許が制作するフレーム入りドライフラワーが最近非常に人気である事を思い出し、これは会社の看板として使えるのではないかと思い、購入に至りました。



フレームアレンジ購入レポート



商品の配送日時当日、ヤマト運輸の方が「少し早くなっちゃいましたが、お届けに参りました。」と丁寧に商品を届けてくださいました。商品の到着を心待ちにしていましたので、5分程度早めの到着は嬉しいことでした。

割れ物であること、花であることが明記された梱包は、綺麗にテープで留めてあり、安心感があります。



到着の状態



箱を開けると、プチプチで保護されています。



プチプチで保護された商品



更に嬉しいことに、手触りの良い素材でギフトラッピングされています。今回は自分用に購入しましたが、ギフトで贈られる際も、ここまでしっかり考慮されているならば安心です。やはりギフトラッピングは開ける時のワクワクがたまらないですね。



ギフトラッピングされた商品



更に丁寧なことに、ドライフラワーの取り扱い説明書も同梱されています。お届け先様にも安心して扱って頂けます。



ドライフラワーの取り扱い説明書



そして、看板となるドライフラワーの開封です!
事務所に来て下さった方に少しでも明るい気持ちになって頂きたく、刻印する文字は
「HELLO! Sakaseru」
にしました。

事前にチャットで完成写真を見ていましたが、実際に手にとって見るとフレームの心地よい重さや、ドライフラワーの表情等、実物ならではの良さがあります。これからこの花がSakaseruの看板になるのだと思うと、より一層可愛く思えます。



開封したドライフラワー



手に持った写真ですとサイズ感が分かりづらいと思いましたので、手持ちの文庫本と並べてみました。



文庫本とのサイズ比較



文庫本4冊分くらいのサイズですので、ご自宅や開店祝い用の花から、楽屋花まで丁度よいサイズ感です。
そして、この日のためにもう一つ事前に準備していたものがあります。それは、フレーム入りドライフラワーを立て掛けるためのブックスタンドです。こちらのブックスタンドは、中目黒にある古本屋COWBOOKSさんで手に入れました。
こちらのブックスタンドは自宅で長年使っていて、シンプルで使いやすいデザインが気に入っていましたので、今回の看板にも使えるのではと思い、同時に購入をしました。
勿論フレーム入りドライフラワー単体でも何不自由なく自立するのですが、少し傾斜を出して飾りたかった為に購入しました。



花を立て掛けるブックスタンド



ブックスタンドに立て掛けると丁度この様な傾斜が付きます。



ブックスタンドに立て掛けたドライフラワー



横から見るとこの様な状態です。



横から見た状態



傾斜はブックスタンドを調節することで好きなように変えられるので便利です。

注文前から思い描いていた事が現実になり、制作されたフラワーデザイナーの許には感謝しかありません。

そして、事務所の玄関前に飾りました。



Sakaseruがいると分かる玄関



これで、来客される方も配送業者さんも不安がらずにSakaseruだと分かって下さるはずです。
何より、僕自信が事務所に行く際に、気持ちが明るくなるので、とても良いものを手に入れました。



最後に



いかがでしたでしょうか。

自社用の花を買うのは初めての体験でしたので、何かのお役に立てればと思いコラムにてご紹介をさせて頂きました。
また、最近ではフレームアレンジを、推し花や公演の楽屋花として贈られるお客様も増えてきました。

推しの名前を刻印したり、簡単なものであればロゴの印字も可能ですので、是非お気軽にご相談下さい。

この時期、少しでも皆様に笑顔やワクワクをご提供できれば、大変光栄なことです。

引き続き、お体自愛してお過ごし下さいね。

株式会社Sakaseru
代表取締役 小尾龍太郎

SNSでシェア