CUE!宮路まほろ役山口愛さんへファンの気持ちを届ける|主催者インタビュー

CUE!宮路まほろ役山口愛さんへファンの気持ちを届ける|主催者インタビュー

2020年08月18日

こんにちは、Sakaseru小柴です。

先日サービス開始した、お花贈り専用 企画・集金サービスミンサカ
なかなかお花企画も立てづらいご時世ではありますが、それでもだんだんと当サービスで企画作成いただける方が増えてきています。
本当にありがとうございます。

今回、主催者インタビューをさせていただいた「ゆうのすけさん」は、11/1開催予定のCUE!イベント 宮路まほろ役の山口愛さんへのお祝い花を企画された主催者さんです。
コロナの影響により、イベントの開催自体もまだ確定ではない状況の中で、お花企画の実施を決断し企画申請をしてくださいました。

そんなゆうのすけさんに、主催者さんとしての想いやお考えを詳しく伺いました。




お花企画の醍醐味



――― この度は、ミンサカにてお花企画を主催いただきありがとうございます!まずは、ミンサカを使おうと思った理由を教えてください。



私が「みんなでsakaseru」を利用しようと思ったのは企画者、参加者ともにメリットの多いサービスだと感じたからです。
これまで一般的なフラスタ企画というのはTwiplaで参加募集を行い、協賛金の集金は当日手渡し、もしくは振り込みで行うのが主流だったように思います。ですが、これでは主催者はエクセルやパスマーケットで参加者や協賛金を管理したりと面倒である上、参加者もイベントに行ける人、もしくは銀行口座を持っている人というように限られてしまいます。このような理由から「フラスタ企画」というものはオタクの中でもハードルが高いものであると認識されてきたように思います。
「みんなでsakaseru」は参加者、協賛金などを企画者が一括で管理できる上、参加者はコンビニ、カード支払いなど多種多様な方法で決済ができます。このサービスが普及すれば企画、参加へのハードルが下がり、「有志フラスタ」という文化がさらに広がるのではないかと期待しています。



ゆうのすけさんの企画 すでに多くの方にご参加いただいています




――― ゆうのすけさんは、今回のお花企画は数回目ですよね。お花を初めて応援する方に贈った時は、なぜ贈ろうと思ったのですか?



お花を贈ったのはとある声優さんのイベントの御公演祝いが最初でした。当時は地方に住んでいることもあり、あまりイベントに参加することができませんでした。イベントに行けない中で演者の方に感謝の気持ちを伝えるにはどうすれば良いかと考えた時に、知り合いの方がよくお花を贈っていたので自分もやってみようと思い、贈ることにしました。




――― みんなでお花を贈ることの醍醐味はなんだと思いますか?



まずは演者の方が喜んでくださるのが1番だと思います。自分が演者だったらファンからのお花は絶対嬉しいですし、1つでも自分宛のお花が出ていたらものすごく安心すると思います。
参加者としては当日まで基本的にお花の全貌をみることはできないので会場に行くのが楽しみになったり、フラスタ企画を通して参加者同士の交流もできるのでそれも醍醐味の一つだと思います。




企画を客観的に見つめるということ



――― お花企画の主催はいろいろ大変だと聞きますが、その大変さを乗り越えて何度も企画しようと思うのはなぜですか?



演者の方や、参加者の方に喜んでいただけたことが1番の原動力になっています。フラスタ納品近くになると、参加者の方のお名前を間違えていないだろうか、ちゃんと納品されるだろうかなど心配してしまい、精神的にものすごく疲弊してしまったりもしましたが、実際に納品されたお花を見た時の安心感、達成感、そしてなにより参加者の皆様から「参加してよかった」というお言葉をいただけたことがなにより嬉しかったです。その時にまた企画したいなと思いました。




――― 主催をしていて、一番大変なことはなんですか?



有志フラスタの主催について、企画を客観的に見つめるということが1番難しいと感じています。私個人の意見なのですが、有志フラスタはあくまで「有志」であるため主催の色を出しすぎてはいけないと思っています。お花は皆で共同で出すものであり、主催はそれを取りまとめているというだけの位置づけであると認識しているので、とにかく中立な立場から企画を見つめようと心がけています。自分が参加者だったらどう思うか、実際にイベント会場でお花を見たらどう思うかなど頭の中で必ずシミュレーションをするようにしています。



私たちファンに何ができるだろうと考えた時に…



――― 今回はまた、コロナ禍で特殊な状況だと思います。そのような中で、今回企画しようと思ったのはなぜですか?



正直、まだ決行するかも確定していないイベントの企画を立ち上げるかどうか本当に悩みましたが、仮に中止になったとしても楽屋花という形で届けることができるという強みがあるので開き直って企画を立ち上げることができました。




――― イベントそのものが中止になるかも知れない中、「中止になっても届ける」そんな企画が素敵だと思いました。その企画に至った経緯や想いを教えて下さい。



イベントの中止というのは私たちファンにとって本当に辛いことですが、演者の皆様は私たち以上に辛いことだと思います。その上で私たちファンになにができるだろうと考えた時に、私たちの「気持ち」を届けるのがベストだと思いました。たとえイベントが中止になったとしても、私たちファンの「気持ち」で演者の方の気持ちが少しでも上向きになればいいなと考え、中止になっても届けようと決めました。




こんなにたくさんの人たちから愛されているんだ、とお花を見た全員に感じてもらえたら



――― 今回のお花のコンセプトはどのようなものですか?どんな想いをお花で表現できたらいいと思いますか?



前回の1stライブでは「宮路まほろ」というキャラクターのみにスポットライトを当ててお花を作成しました。今回は宮路まほろちゃんはもちろん、山口愛さんにもスポットライトを当てて前回のものよりもパワーアップしたお花を贈れたらと考えています。



前回のゆうのすけさん企画で皆様で贈られたお花




――― お花を見た山口愛さんに、どんな風に感じてほしいですか?



お花を見て嬉しいなと思っていただければもちろん嬉しいですし、企画者としては「まめちゃん(山口さんの愛称)、まほろちゃんはこんなにたくさんの人たちから愛されているんだ」と山口さん本人だけでなく、会場でお花を見た全員に感じてもらえたら嬉しいです。




――― ゆうのすけさんから見た、山口愛さんの魅力を教えて下さい!



山口さんの魅力は人を惹きつける声だと思います!疲れている時に声を聴けば癒され、落ち込んでいる時に声を聴くと不思議と元気が出てきます。私自身、幾度となく山口さんが声を当てているキャラクターのキャラソンに救われてきたので、聴いたこと無い方は是非聴いてほしいです!
最近はウクレレに挑戦されており、弾き語りもインスタグラムなどでアップされているのでそちらもぜひ…!
途中から宣伝になってしまいましたが、私の中では応援してて本当に楽しい、3150の推しです!








以上、インタビューにお答えいただきありがとうございました!

ゆうのすけさんは、お電話やメッセージのやりとりでも本当にご丁寧な方で、そんな主催者さんにミンサカを使っていただけて本当によかったなぁと感じています。前回のものよりパワーアップしたお花を山口愛さんへお届けできるよう、心から祈っています!

ゆうのすけさんの本企画は、山口愛さんファン、CUE!ファンはもちろん、ゆうのすけさんを応援したい!企画自体に興味がある!という方でもご参加いただけます。ゆうのすけさんの想いに少しでも共感できた方がいらっしゃいましたら、ぜひ企画に参加してみてください。

SNSでシェア

関連するコラムを読む