日頃からお世話になっている方や親しい方の出世は、とても喜ばしいものですよね。
「お祝いの気持ちを何かで示したい」と、男性への昇進祝いプレゼントを探されている方には、華やかな印象を与えるフラワーギフトがおすすめです。

お花を贈るときには、用途や状況によってふさわしい色・形・相場が変わってくるので、贈る前に一度確認しておきましょう。
昇進お祝いにピッタリな、実際にお作りした事例も合わせてご紹介いたします。



目次



昇進祝いのギフトにはお花を贈るのがおすすめ



昇進はその方の人生やキャリアの大きな節目。
お祝いの気持ちを伝えるなら、祝福や喜びを表す定番ギフトのお花がピッタリです。

また、他のプレゼントと一緒にお花を添えて贈るのもおすすめ。

お花は季節問わず贈れるため、「昇進祝いのプレゼントに何を贈れば良いのかわからない」と悩まれている方にも最適なギフトです。



男性に昇進祝いのお花を贈るときの相場





昇進祝いにお花を贈る時の相場は、「贈り主と送り先の相手の付き合い方(勤務先、取引先、個人的な関係)」や「役職」などによって大きく変わります。

相場より安すぎると見劣りしたり、相場より高すぎると相手側に負担をかける可能性もあるので注意しましょう。



社内の場合


相場:3,000円〜10,000円程度

社内の同僚や上司に贈る場合は、部署またはチーム内一同でまとめて贈るケースが多くみられます。



取引先の場合


相場:10,000 円~50,000円程度

取引先に贈る場合は、最低価格が10,000円〜となります。
特に重要な取引先の場合は、50,000円以上にされるケースもしばしばあります。
取引様との重要度によって設定されると良いでしょう。



個人的な付き合いの場合



相場:3,000円〜10,000円程度

友人・知人・身内など個人的な関係の場合は、3,000円〜となります。



お祝いの気持ちを伝えるためには相手の方に失礼のないようにすることが大切です。
お花を贈る適切なタイミングや、立て札の書き方など、押さえるべきマナーがあります。
こちらのページにまとめておりますのでご覧ください。



昇進祝いに贈るお花【まとめ】
ご昇進祝い花・ご昇格祝いにぴったりのお花のご紹介、相場やマナー、立て札の書き方などについて説明致します。
詳しく見る



昇進祝い花で男性に喜ばれるタイプを世代別に紹介



フラワーギフトは、贈る相手の年齢や世代によって、好まれるお花の色や形の傾向が違います。
男性に喜ばれるお花の色や形をまとめましたので、ぜひご参考にしてください。
ただし、あくまでも一般的な傾向なため、相手の性格や好みに合わせて選んでください。



20~40代の男性には


おすすめの色…黄色・オレンジ・白・青・緑など
おすすめの形…かっこいいスタイリッシュなもの、目立ちすぎないもの

20~40代の男性は、花を持つのは照れくさいと感じる人が多い世代となります。
男性が手に持った時でも抵抗がない黄色や青色など、スタイリッシュな印象を感じさせる形がおすすめです。



40〜50代の男性には


おすすめの色…赤・黄色・オレンジ・白・青など
おすすめの形…少しボリュームがあるもの

男性の方でも年齢が上がるにつれて、華やかな印象のお花を好まれる方が増えてきます。
赤・黄・オレンジなどで鮮やかに、手に持った時に少しボリュームがあるものがおすすめです。

Sakaseruでは、800件以上ある制作事例の中から、イメージにあったお花を色別に探すことができます。これまでお届けしたおしゃれなお花の制作事例をぜひご覧ください。



制作事例を見る



男性に贈る昇進祝い用にぴったりのお花を紹介します


実際にどんなお花ができるのか、イメージが掴みにくい方もいらっしゃると思います。
こちらでは、昇進祝いで男性に贈るお花の事例を6つピックアップいたしました。



「是非、頑張って頂きたい」応援の思いをグリーンとブルーで上品に





フラワーデザイナー :OhataMasahiro



グリーン・ブルー・ホワイトの3色で上品に仕上げました。
男性が持った時でも目立ちすぎず、所々に散りばめられたブルーが爽やかな印象を与えます。



この事例を詳しく見る



チーターがモチーフ!黒と黄色がカッコイイ昇進祝い花





フラワーデザイナー :加納佐和子フローリストカノシェ



使用したお花は、黄色のユリ・ガーベラ・ミニバラ・アルストロメリア・マム・オンシジューム。
黒に染めた葉物たちで全体の色をグッと引き締めて、黒っぽい木製の器にアレンジしました。
黄色のユリは時間が経つごとに徐々に開花してくるので、贈った後の変化も楽しんでいただけます。



この事例を詳しく見る



黄色とブルーが印象的なアレンジメント





フラワーデザイナー :加納佐和子フローリストカノシェ



黄色・オレンジ・ブルーが印象的なお花。
オレンジのバラを中心に、元気な印象を与えるヒマワリ・マリーゴールド・アンスリュームを使用。
アクセントに、ブルーのデルフィニューム・りんどう・セロシアを入れて、男性にぴったりな色合いに仕上げています。



この事例を詳しく見る



上品な胡蝶蘭に季節のアジサイを添えて




フラワーデザイナー :後藤亜希子



胡蝶蘭とアジサイの切り花を使った、控えめで上品なアレンジメント。
鉢植えの胡蝶蘭とはまた違う、奥深く上品な胡蝶蘭を楽しんでいただけます。



この事例を詳しく見る



赤色の和モダンなアレンジメント





フラワーデザイナー :OhataMasahiro



赤色のお花をメインに、和を意識したアレンジメント。
バスケットの下には、深みのあるアンティークな色合いのアジサイを入れました。
他と被らない、粋でかっこいいお花を贈りたい方におすすめです。



この事例を詳しく見る



今後の発展を願う個性的なデザインのアレンジメント





フラワーデザイナー :加納佐和子フローリストカノシェ



ストレリチアのお花で、力強く勇ましく。
ユニークな存在感のある蘭の花、パフィオペディラム・バンダ・オンシジュームを入れました。
ダリア・ガーベラをアクセントに、強い躍進多方向への広がりなどをイメージして作成いたしました。



この事例を詳しく見る



こちらでご紹介した他にも作成事例を知りたい方は、下のページをご覧ください。
昇進祝い用の花束やアレンジメントを価格別ごとにご紹介しております。
立て札の書き方などのマナーや、昇進祝いに合う花言葉もまとめておりますのでご参考にしてください。



昇進祝いに贈るお花【まとめ】
ご昇進祝い花・ご昇格祝いにぴったりのお花のご紹介、相場やマナー、立て札の書き方などについて説明致します。
詳しく見る



昇進祝いのお花はSakaseruへご相談ください


昇進祝いのお花を男性に贈る際は、男性に喜ばれる花色や形を選ばれることをおすすめします。また、贈るお相手との関係性により相場も変わるので注意しておきましょう。

ここまで読んでも「どんなお花を贈ればいいかわからない」「不安がある」など悩みがある場合は、ぜひ一度Sakaseruにご相談ください。

担当のスタッフがお客様と直接やりとりさせていただき、丁寧にヒアリングをいたします。
お客様のご要望や状況に合わせて、最適な昇進祝い花をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。



Sakaseruにお問い合わせ

人気の商品

商品をもっと見る

オーダーメイドの制作も可能です

「お店の内装にあわせて作って欲しい」「取引先のカラーで作って欲しい」そういったご注文もお任せください。フラワーデザイナーがイメージをくみとりお花に表現いたします。

フラワーデザイナーを選ぶ

もしフラワーデザイナー選びに迷われる場合は、お届け先さまの雰囲気やご希望のイメージなどから、Sakaseruスタッフがフラワーデザイナーをご紹介します。世界に一つの、想いを込めた贈り物。私たちスタッフがお手伝いできれば幸いです。お気軽にご相談ください。

スタッフに無料相談