病院・クリニックのご開院、法人様や個人事業のご開業、それに伴うお祝いの贈り物。新たな出発をお祝いし、応援するにはお祝い花が大変人気です。

お取引先さまへ贈る場合や、ご友人のご開業、ご開院をお祝いするなど様々なシーンがありますが、贈り方がわからないという方も多いようです。失礼にならない価格や、実際どのくらいの金額で、どのようなお花が贈れるのか、また、立て札にはどう書いたらいいだろう……など、疑問は尽きないのではないでしょうか。

このページでは、お客様から頂くことの多い疑問をご説明致します。



目次



開業祝い・開院祝い花の相場



やはり気になるのはお花のご予算ですよね。どのくらいなら失礼にならないのか、またそれが自分が想定している予算に見合うのか……相場は贈り先様との関係性によっても変わってきます。ご不安に思う方は、是非以下の表をご参考下さい。



お届け先様との関係相場
お取引様10,000円〜50,000円程度
ご家族・ご親戚3,000円〜50,000円程度
ご友人・知人5,000円〜30,000円程度


お取引先様へ開業祝い・開院祝い花を贈る場合



お取引先様への場合は、10,000円以上がお勧めです。一口にお取引先様と言っても、大口のお取引先様やお世話になった方、ご挨拶程度のお付き合いがある方など、関係性は様々ですが、他の方からのお祝い花と差を付けるには、12,000円以上がお勧めです。



ご家族・ご親戚へ開業祝い・開院祝い花を贈る場合



ご家族やご親戚など、近い方に贈る場合は3,000円〜50,000円程度がお勧めです。
気安い関係であるからこそ、比較的手頃なご予算で済ませることもできますが、逆に激励の意味を込めて大きな金額でご依頼くださる方も多いです。



ご友人・知人様へ開業祝い・開院祝い花を贈る場合



ご友人・知人様の開業祝いなどに贈る場合は5,000円〜30,000円程度がお勧めです。
お返しのことも考えると、大きくなりすぎない金額でご依頼頂く方が多いようです。


とはいえ、お祝い花を贈る上で一番大切なのはお気持ちです。無理のない範囲で花屋にご注文下さい。



開業祝い・開院祝い花 値段別事例集



ここでは開業祝い・開院祝い花として特に人気のアレンジメント花、花束、スタンド花の3種類の事例をご紹介致します。実際にどのくらいの金額で、どのようなお花が出来上がるのか。ぜひこのページをご参考下さい。



開業祝い・開院祝いアレンジメント花 4,000〜7,000円





開業祝い・開院祝いアレンジ花 8,000円〜10,000円





開業祝い・開院祝いアレンジ花 11,000〜19,000円





開業祝い・開院祝いアレンジ花 20,000円以上




開業祝い・開院祝いのアレンジ花一覧



開業祝い・開院祝いの花束(ブーケ) 5,000〜10,000円




花束(ブーケ)一覧



開業祝い・開院祝いスタンド花 15,000円〜30,000円




スタンドのお祝い花一覧





開業祝い・開院祝い花を贈るタイミングは?



開業祝い・開院祝い花のお届けは、前日から当日がおすすめです



開業祝い・開院祝い花のお届けは、事務所や病院がオープンする、前日から当日がお勧めです。
可能であれば、いつお届けすれば確実に受け取れるのか、先方に確認するのが良いでしょう。

場合によっては、当日は慌ただしく受け取るのに都合が悪いということや、逆に前日は誰もいない、ということもあるためです。
「お祝いを贈りたいのでご都合を教えて欲しい」と言えば、失礼にはあたりません。むしろ、そこまで気遣ってくださる姿勢を喜ばれるでしょう。
ちなみに、開業祝い・開院祝いパーティのようなイベントがあれば、その当日で構いません。

またお花が元気な状態で鑑賞出来る期間は、届いてから約1週間程度になります。
余り前に届き過ぎてしまいますと、オープン時にお花が弱った状態になってしまいますので、是非一番喜んで頂けるタイミングでお届けしましょう。



開業祝い・開院祝い花にはどんな種類の商品がおすすめ?



1番広く知られているのが胡蝶蘭ですが、実はそれ以外にも様々なお花の種類があります。それぞれのお花の特徴を、メリット・デメリット、ご予算目安とともにまとめました。是非ご用途に合ったお花選びをして頂ければ幸いでございます。



種類と
ご予算目安
メリットデメリット
アレンジメント花
3,000円〜
・安い価格から注文できる
・飾る手間がかからない
・一番個性を出すことができる
・長くて一週間程度しか持たない
・大きすぎるものは処分に手間がかかる
花束(ブーケ)
3,000円〜
・安い価格から注文できる
・手渡しが絵になる
・一番エコ
・花瓶がない場合飾る場所に困る
スタンド花
15,000円〜
・一番インパクトがある
・お届け先の前の通行人の目を引くことができる
・処分の手間がかからない
・スペースに余裕のないお店には置けない
・配送費がかかるので価格が割高になる
胡蝶蘭
15,000円〜
・一定のクオリティがある
・長持ちする
・サイズに対して価格が割高
・処分に手間がかかる
・他の祝い花と同じ見た目になる
観葉植物
10,000円〜
・長持ちする
・インテリアの一部として楽しめる
・お店のスペースをとりつづける
・処分に手間がかかる


アレンジメント花(ご予算目安:3,000円〜)



デザイナーOhataのアレンジメント事例
¥5,000(総額 ¥6,720)



カゴに入ったタイプも可愛い。
デザイナー後藤のアレンジメント事例
¥8,000(総額 ¥10,290)



あらかじめお花が器に入ったアレンジメント花は、ご予算目安が3,000円〜と気軽な価格から注文ができる商品です。受け取った際にそのまま飾ることができますので、飾る手間がかかりません。また、季節の花々をお花屋さんがそれぞれのセンスで束ねますので一番個性を出すことができます
一方でデメリットは、お花が枯れるまで、鑑賞に耐えうる期間が長くて1週間程度と限られています。サイズの大きすぎるアレンジメントは処分の手間が掛かります。



花束(ご予算目安:3,000円〜)



デザイナー小林の花束事例
¥15,000(総額 ¥18,375)



花束(ブーケ)は、束ねたお花にラッピングがしてあるだけの商品なので、ご紹介するお花の種類の中で一番エコです。また、ご予算目安も3,000円〜と気軽に注文ができます。お届け先様が花瓶を持っている場合、花束と花瓶をセットで飾ることによって、空間を演出することができます直接お花を手渡しする際にも絵になるお花です。
デメリットとしては、お届け先様が花瓶を持っていない場合、花束を飾る場所に困ってしまうことです。



スタンド花(ご予算目安:15,000円〜)



デザイナー後藤のスタンド花事例
¥30,000(諸費用別)



スタンド花は、スタンドと呼ばれる脚にお花が乗った商品のことです。高さが男性の身長程までありますのでそのインパクトも大です。外に飾られる事が多く、周囲の目を引くことができます。また、スタンド花は一定期間飾られた後、お花屋さんが基本的に回収をしますので、受け取る方による処分の手間も掛かりません

一方で、スタンド花をご注文される前に2つご確認頂きたいことがございます。

1. 配送料が他の商品に比べて高くなります
2. お届け先様の店舗の大きさを事前に把握されることをおすすめ致します

スタンド花は、宅配で送れるサイズではないため、制作だけでなく配送・回収まで全てをお花屋さんが行なっています。花屋スタッフの稼働時間が掛かってきますので、その分の料金がアレンジメント花等に比べて高く掛かってきます。
※例外として、回収を行わないお花屋さんもいらっしゃいます。
※Sakaseruは全てのスタンド花を回収しております。

そして、スタンド花は大きな商品になりますので、個人の経営される小さな店舗様などには不向きです。場所の広さとお花のサイズが不釣り合いですと、空間全体としてミスマッチになってしまいますので、その場合はアレンジメント花をおすすめ致します。

是非、配送料金とお届け先様の店舗の大きさをご理解頂いた上で、ご注文頂ければ幸いでございます。



胡蝶蘭(ご予算目安:15,000円〜)





胡蝶蘭は、特に迷うこと無く一定のクオリティの物をお届けできます。また長持ちをしますのでお届け先様で長く咲かせることができます。
デメリットとしては、胡蝶蘭は高価なものであるため、アレンジメントの同価格のものと比較するとこじんまりとしたサイズになります。また、鉢に入った大きな胡蝶蘭は、長く持ちすぎてしまうために受け取った方が処分のタイミングを図ることが難しく、処分をする際も鉢と花を分別する必要がありますので、手間がかかります。そして、胡蝶蘭は見た目に大きな違いがないお花ですので、他の方からも胡蝶蘭が届いている場合同じお花が並ぶ事になります。



観葉植物(ご予算目安:10,000円〜)





鉢に入った観葉植物は、手間もかからず長く持ちます。最近では変わった形の観葉植物も出回っていますので、インテリアの一部として楽しむことも出来ます。
長く持つ一方で、スペースをその間、ずっと取り続けることになります。また、大きな観葉植物は胡蝶蘭同様処分の手間が掛かります。





開業祝い・開院祝い花の立て札の書き方は?



開業祝い・開院祝い花の立て札に書く、基本の情報は3つです。





①お祝いの言葉(例:御祝/祝御開業など)
②お贈り主(ご注文者)様のお名前
③お届け先様の社名・病院名/お名前

必須なのは①と②で、③は書いても書かなくても良いことになっています。一方で、③お届け先も記載することをお勧めします。周りの人に対して「開業祝い・開院を知らせる」、宣伝を兼ねたお花となりお届け先に喜ばれるからです。
Sakaseruでは、立て札を無料でおつけしております。

立て札に記載する項目について、順を追って見ていきましょう。



開業祝い・開院祝い花の立て札 ①お祝いの言葉





お祝いの言葉とはお送りする目的を内容を一言で表したものであり、目的に応じてご依頼主様側で変更します。
開業祝い・開院祝いの立て札の場合、以下のような文言が一般的です。

・「祝 御開業」「祝 御開院」←最も一般的です!
・「祝 開業」「祝 開院」
・「祝 ご開業」「祝 ご開院」
・「開業祝」「開院祝」
・「開業御祝」「開院御祝」
・「開業祝」「開院祝」
・「開業おめでとう」「開院おめでとう」
・「ご開業おめでとうございます」「ご開院おめでとうございます」

単に「御祝」でも失礼にはあたりませんので、ご安心ください。



開業祝い・開院祝い花の立て札 ② 贈り主様のお名前





次に、開業祝い・開院祝いの立て札にはお贈り主様(ご注文者様)のお名前を入れる必要があります。
特に沢山のお花が届く方は、お返しや御礼状のために、立て札だけ取っておくということもあります。大切な要素ですので、忘れずにお入れください。
お名前のあとの「〜より」は入れても入れなくても構いません。

開業祝い・開院祝いの立て札の場合、以下のような書き方が一般的です。

・個人名のみ……サカセル花子
・連名の場合……サカセル太郎 植物花子
・社名のみ……◎◎会社
・社名+個人名……◎◎会社 サカセル太郎
・社名+役職+個人名・・・会社代表◎◎取締役 サカセル太郎
・家族や部署や同志一同・・・友人一同/、◎◎株式会社営業部一同



開業祝い・開院祝い花の立て札 ③お届け先様の店名/お名前





マナーという面だけで見れば、お届け先様の店名/お名前は記載しても、しなくても良い内容となります。しかし開業祝い・開院祝いのお花は、周りの人に対して「開業・開院を知らせる」ことを兼ねたお花となります。お届け先様の宣伝にもなりますので、Sakaseruでは記載頂くことをお勧めしています。

画像のように、(社名・病院名)様、という形で敬称を付けたものが一般的な書き方です。
お届け先様の個人名を入れたい場合には、社名や病院名の横に並べる、下に置くことが多いです。



開業祝い・開院祝いおすすめ/NGなお花は?



病院・クリニックへの開院祝い花





病院やクリニックにお届けするお花は、清潔感ある落ち着いた雰囲気がお勧めです。白やクリーム色など、派手ではない色合いを基調とする内装が多いため、その場に合った雰囲気が好まれるためです。また、病院・クリニックに訪れる患者さんが見かけることも考えると、やはりほっとできるような優しく落ち着いた色合いが良いでしょう。

またNGなのは香りの強いお花を使用したもの。ユリなどが代表的です。



自営業への開業祝い花





個人で営む自営業のご開業祝いには、小ぢんまりとしたお花がお勧めです。ご予算としては10,000円以内が目安です。
個人でお仕事を営まれる方は、大きなオフィスを用意せず、ご自宅で済ませてしまうことも多いです。そのような場合でも楽しめて、枯れたあとは処分にも困らない、比較的小ぢんまりとしたお花を贈りましょう。



法人様への開業祝い花





法人様にお届けする開業祝いのお花は、コーポレートカラーやロゴカラーなどを用いたお花がお勧めです。コーポレートカラーやロゴは会社を表す大切な要素。お届け先様の思い入れも強いはずです。

人気の商品

商品をもっと見る

オーダーメイドの制作も可能です

「お店の内装にあわせて作って欲しい」「取引先のカラーで作って欲しい」そういったご注文もお任せください。フラワーデザイナーがイメージをくみとりお花に表現いたします。

フラワーデザイナーを選ぶ

もしフラワーデザイナー選びに迷われる場合は、お届け先さまの雰囲気やご希望のイメージなどから、Sakaseruスタッフがフラワーデザイナーをご紹介します。世界に一つの、想いを込めた贈り物。私たちスタッフがお手伝いできれば幸いです。お気軽にご相談ください。

スタッフに無料相談